鍼と灸を仕事にする|High Education
HOME>トピックス>鍼と灸を仕事にする

目次

日々の努力が大切

鍼灸師の仕事で一番大切なのは、お客様にベストな癒やしを提供するために、いつも技術の向上を目指さなければいけないことです。東洋医学として昔からあるのが鍼灸なので、覚えるべきことは限られていると考える方もいるでしょう。しかし、医学が進歩した現在では、鍼灸についてもいろいろな変化があるので、それにしっかりとついていかなければいけません。場合によっては、鍼灸以外の知識も得たほうがよい場合があるので、常にアンテナを張って、お客様のために努力しましょう。とくに、独立を考えるなら、技術力を身につけることが一番なので、専門学校に通っている間から頑張る必要があります。

就職率での専門学校選びを

鍼灸師になるため準備として専門学校を選ぶときに、一番おすすめするのは、就職率に注目することです。将来働くための準備は学校選びのときから始まっているので、公式サイトなどを見て、主な就職先と就職率のチェックをしましょう。また、国家試験に受からなければ、鍼灸師の免許はもらえないため、合格率の確認も入学前の準備として大切だといえます。

資料請求をしよう

気になる学校が見つかったのなら、それらのすべてに資料請求を行うようにしましょう。資料の中には、願書も含まれているため、申し込みの際に慌てて請求しなくても済むようになります。願書を専門学校にだしたのなら、あとは試験や面接を受けて、合格発表を待つだけです。もしも、試験に自信がないのなら、たくさんの鍼灸専門学校の試験を受けて、入学の可能性を上げてしまいましょう。

広告募集中