鍼灸師のプロを目指そう!資格取得は専門学校に通うのが吉|High Education
HOME>オススメ情報>鍼灸師のプロを目指そう!資格取得は専門学校に通うのが吉

鍼灸師を目指すなら専門学校に通おう

鍼灸師になるには、鍼と灸の国家資格が必要です。受験資格を得るためには、3年または4年間養成学校にて過程を修了することが必須ですが、専門学校で学ぶことが可能です。

専門学校選びで重視するコト

no.1

目指す自分と専門学校がマッチしているか

自分がやりたいこと、目指す目標に選んだ専門学校が合っているかを確認してから選びましょう。

no.2

幅広い視野で調べてみましょう

確認不足からまだ知らないお仕事に繋がる専門学校がある場合もあります。これという分野が決まっていない場合には、まだ知らない分野がないかを再確認しましょう。

no.3

通い続けられる学校、就職に繋がる学校を選びましょう

卒業まで通い続けることができる学校なのか、やりたい仕事に繋がる学校選びをしているか見つめ直してから選びましょう。

no.4

評判や学べる環境をチェック

折角学んでも、身につけなくては将来に繋がりません。講師の評判の確認や学べる環境を確認しましょう。

no.5

費用を確認しましょう

環境や講師の評判がよくても、かかる費用と支払い可能な費用がマッチしなくては通うことはできません。卒業までにかかる費用を確認しましょう。

お灸

どんな仕事をするのか

鍼灸師と呼ばれる人は鍼(はり)とかお灸を使いながら、病気やケガを治す治療を行います。鍼や灸を人のツボと呼ばれる場所にあて、刺激を与えることで回復に向ける東洋医学の一つです。肩こりや頭痛、腰痛や神経痛などにも効果があります。これらを学ぶのが専門学校です。

国家資格が必要な仕事

鍼灸師の専門学校の特徴としては、生徒さんが国家資格に受かる指導をすることにあります。国家資格に合格してはじめて、はり師・きゅう師と言われることになるのです。また資格を取っただけでは臨床現場に立てる訳ではなく、第一歩を踏みだしただけであり生涯をかけて知識を広げ技術向上を目指すことが、大事なことになります。多くの学校は3年間と言う期間を設けての授業を行っているのです。また専門学校とは言え入学希望者も多くなっていることから、全員の入学も難しい時代になりました。

独立も可能な職業

鍼灸師になるため3年間学ぶことになるのですが、解剖学での人体構造から生理学での機能、病理学では病的な状態などを身に付けることになります。また東洋医学の基礎でもある陰陽や三才更には五行を学び、易経などの知識を学ぶことにもなります。これらを学ぶことは鍼を打ち、灸をすえる場合において必要な知識となっているからです。専門学校でしっかり学び、一度は社会に出て勉強することになりますが、努力次第では自分のお店を持つことも可能な職業となっています。

広告募集中