【女性を中心に人気急上昇の職業】医師事務作業補助の仕事に就こう|High Education

女性に人気が高い仕事

医師事務作業補助は医療事務に似ていますが、医師の事務サポート的な存在の医療事務と違い、医師が行っている事務作業を医師からの指示によって業務を行います。医療事務は女性に人気の職業ですが、より専門知識の必要な医師事務作業補助の仕事はスキルアップを目指す女性により注目されています。

医療事務と医師事務作業補助者の仕事内容の違い

患者さんとのやりとりを行う医療事務

医療事務は、病院などの医療機関で事務や経理業務を行います。単純に事務作業をするだけでなく、病院の受付窓口として患者さんへの応対を行い、診察費用を徴収します。診察費用はレセプトといって医療保険制度に基づいて算出されますが、このレセプトの作成は医療事務がカルテを見ながらコンピュータに入力していくため、専門的な知識が必要となります。

医師事務作業補助者は医師の事務作業をサポート

多忙な医師のサポートをするために生まれた医師事務作業補助者は、診断書や処方箋、紹介状の作成や電子カルテの入力など医療行為以外の事務作業のサポートを行います。医師の秘書的存在となるため、医療に関わるスタッフとコミュニケーションをとっていきます。

病院で安定して働ける

女性

医師事務作業補助とは、診察や治療で忙しい医師の負担を軽減するために2008年に厚生労働省が認めた制度です。医師の事務的作業をサポートすることを目的としています。医療事務と異なり、医師事務作業補助者になるには資格は必要ありませんが、医療保険制度や医療に関する法規ついての研修を受けなければなりません。最近では病院関連の仕事なかで特に人気がありその理由一つとして、この研修を受けるだけで活躍することができることが挙げられます。医師事務作業補助者は大学病院や総合病院で、需要があるので大きな病院で安定的に働くことができる点も人気の一つです。医師が診察している隣で作業するので、医療の現場で働きたい方にはお勧めです。また求人もパソコンを扱えれば、未経験者でもOKの場合があるので応募しやすいのも人気がある理由です。

患者さんのお役に立てる

医師事務作業補助者の仕事は、診察などの記録やそのデータの管理、文書の作成など医療行為の質を高めることに貢献できます。医療現場では慢性的な人手不足で、医師の負担が大きすぎて患者さんに向き合う時間が足りないことが問題になっています。医師事務作業補助者が医師が行っていた事務的作業をサポートすることで、医師が患者さんに対して時間をかけて向き合えるようになります。またカルテの作成や院内の書類作成などをすることで、医師だけでなく患者さんの対応で忙しい看護師のサポートもできます。命に関わる現場で様々な作業しなければならず、大変忙しい業務内容ですが、その分やりがいや達成感はとても大きいでしょう。医師事務作業補助者は忙しい医療現場を影から支えることで、患者さんのお役に立てることができます。仕事を通じて人の役に立てるのは大きな魅力でしょう。

広告募集中